【群馬県水力発電発祥の地】

前橋市総社町植野の天狗岩用水に、群馬県初(全国でも5番目)の営業水力発電所である植野発電所があった。明治27年(1894年)から大正3年(1914年)まで市内に電力を送電していた。現在は取水口の一部(レンガ積)が残るのみである。