【井河大明神】

館林藩主・井上河内守正春の善政に感謝し、旧狸塚村々民が建てた石碑。狸塚村は荒れ地が多く、凶作も続いたため年貢を減免したことへの感謝の気持ちの表れ。本来なら「井上大明神」とするところだが、新しい藩主への遠慮から「井河」としている(井上の井と河内守の河)。