【如意輪観音?】

邑楽町のあるお寺の観音堂に祀られている観音様。堂前の説明板に「十九夜観音(如意輪観音)」とある。一般的には如意輪観音って一面六臂で、右手を頬にあて、右膝を立て両方の足の裏を合わせて座る(輪王座)容姿を思い浮かべるが、この観音像は千手観音のように見える。左手に宝戟、右手に錫杖らしき物を持っているところなど、どう見ても・・・。