【甘酒婆さん】

伊勢崎市境米岡の姥石。通称「甘酒婆さん」。

新田義貞挙兵の際、当地で小休止をしていた軍勢に甘酒を振る舞っていた老婆が、大舘宗氏の馬に蹴られ死んでしまった。そこで手厚く葬ったところ、老婆が石になったといわれる。姥石は百日咳にご利益があり、治るとお礼に甘酒を供える風習がある。