New 【 旧子持村最古の道しるべ ー三国街道の道しるべー 】(渋川市)をUP(10月14日)

【上州まったり紀行】

群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館・博物館・テーマパークなど、自分で行って見てきたところを紹介しているブログ。

名付けて「上州まったり紀行!!」。もともとは「上毛かるた」巡り(上毛かるた紀行)から始まった「紀行もの」。


カテゴリーの基本は群馬の市町村別だけど、テーマ別(有名人のお墓や遺跡・古墳とか)も作ってあるので、
そちらからもどうぞ。

(神社仏閣はいっぱいありすぎて、まとめてないけど)

 

現在、群馬県内の1,600ヶ所以上(もう少しで1,700)の紹介記事をUPしてます。みなさんの近所の何かが載ってるかも?


【最新記事】

「上州まったり紀行」の最新記事(10件)です。概要と記事中の写真を載せています。

 三国街道の横堀宿から北牧方面に向かう三叉路にある道しるべ。明和3年(1766年)の銘がある。

藤岡市神田・五智山高倉寺 (藤岡市神田)

 大永2年(1522年)同市高山地区に開創。元和2年(1616年)火災により焼失、元禄4年(1691年)僧・勧海が再興している。明治42年

 (1909年)に神田・光明寺と合併し、同寺に移り高倉寺として存続している。

藤岡市金井・薬師堂 (藤岡市金井)

 由緒は不詳だが、元禄16年(1703年)に高山氏により当地に移築されている。現在のお堂は平成4年(1992年)の新築建立。

日野お天狗 ー上日野鹿島神社ー (藤岡市上日野)

 建久7年(1196年)に平維盛の子・維基が小柏と改姓した際に建立し所蔵の甲冑や武具を納めたという。江戸末に天狗が乗り移った人が呪占師のよ

 うなことを境内で行っていたことから「日野のお天狗」と呼ばれている。

藤岡市下日野・瀧向山示春院 (藤岡市下日野)

 元和元年(1615年)柴崎氏の開基、正室曇栄和尚の開山。柴崎氏は下日野村の名主で、「日野の名主5家」のひとつ。

藤岡市上日野・実大山養浩院 (藤岡市上日野)

 永正年間(1504~21年)酒井氏の開基。埼玉県児玉郡の大興寺・章室祖文の開山。酒井氏は地元の郷氏だったが、現在は絶家している。

血のり神社? ー野宮神社ー (藤岡市上日野)

 創建はは不詳。永禄年間(1558~70年)に当社から半里ほどの谷合で、小柏左馬助高政が敵十数人を滝に斬り落としたという。このとき、大谷川

 下流の鮎川との合流地点に七日七夜に渡り血が流れ着いたので、血のりの宮となり、後に野宮となったとされる。

 天正年間(1573~92年)小柏氏がその先祖と家臣の菩提寺として開基。小柏氏は平清盛の嫡孫・維の末裔とされる、維盛の子・維基が上日野村に

 土着し小柏姓を名乗ったとされる。

藤岡市上日野・大弘山千手院 (藤岡市上日野)

 永禄年間(1558年~70年)柴崎松之助の開基。松之助は下日野村名主・柴崎家の分家で、子もなく無常を感じて出家、居宅を寺としている。

義民・馬之助の墓 -興春寺- (藤岡市下日野)

 創建年は定かではないが、興禅院2世・雪山東天和尚の開山。墓地には義民・馬之助の墓がある。馬之助は下日野村の農民で「御荷鉾山一件」の農民総

 代。訴願により目的を達したが、所払い(追放)となった。


【ブログカテゴリー紹介】

「上州まったり紀行」のカテゴリー一覧です。各市町村別・テーマ別に分類してあるので、興味のあるものがあればご覧ください。

【カテゴリー一覧】


【注意事項】

本ブログは趣味の範疇でやっているものなので、記事や写真の説明に誤りがある可能性もあります。学術的に裏取りができていない異説・風説・噂話や勝手推論など多数書いてますので、そこはご理解の上、読んください。現地で「えぇ~、違ぁ~う!」と感じられても、ご勘弁を。

 

また「上州まったり紀行」は、基本的にリンクフリーです。記事中の写真も基本的にフリーです。但し、出典として当ブログ名(URL)を明示してくさい。商業利用については、いかなる場合においても「不可」です! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)


【お願い】

ブログ更新のモチベーション維持のために、ご協力をお願いします。

(下記バナーをクリックしてください)