New【 OZアカデミー前橋大会2020 その2/その3 】をUP(2月24日)

【まったりとスペシャル系】

日々思ったことや愚痴などを適当に綴っているけど、一部毒を吐いている記事もあるので、ご注意を!!

 

とにかく、日本を貶めようとする勢力が大嫌い。いわゆる「慰安婦問題」を捏造した朝日新聞、福島瑞穂らの反日勢力、その片棒を担いでいる左派系マスコミ、日教組、日弁連、一部労組をこき下ろしている。また、いわれなき日本批判を続ける中国と韓国も大嫌い。特に韓国は、いちいち日本のやることに口を出すな! と常日頃から思っている。(でも、基本的には是是非非だよ)

 

とは言っても、毒吐き記事ばかりではなく、それなりに楽しい記事も多い(と思ってる)のでよろしく。


【最新記事】

「まったりとスペシャル系」の最新記事(10件)です。概要と写真(ある場合)を載せています。

 OZアカデミー前橋大会観戦記の「その3」。メインは正危な軍と獣友の6人タッグ。久し振りに場外乱闘が自席を直撃。お気にに雪妃魔矢も場外乱闘

 で目前に。かなり満足。今年も充分に楽しませてもらった。

 OZアカデミー前橋大会観戦記の「その2」。第3試合には有田ひめか、高瀬みゆきという初見のレスラーが登場。2人ともアクトレスガールズ。世志

 琥との3WAYマッチ。第4試合は倉垣翼 vs 小林香萌。体格やファイトスタイルは大きく違うが、それぞれ持ち味を生かした面白い闘いだった。

 2月16日にグリーンドーム前橋で行われたOZアカデミー前橋大会に行ってきた。早いもので、これで7年連続観戦。現在、女子プロレスと触れる唯

 一の機会となっている。つたない観戦記の第1弾。

 2月22日は島根県が制定した「竹島の日」だ。韓国に実効支配されているが、れっきとした日本領であることは明白である。竹島に関しては、日本領

 土であることを国民一人ひとりが強く認識することが大切である。政府も閣議決定や国会での議決を進めるべきだ。

 朝日は日本国内最初の感染者が「中国人」であることを意図的にぼかしていた。「武漢から帰国した30代男性」。普通に読めば、武漢に旅行もしくは

 出張していた日本人だと思ってしまう。一事が万事こういう姿勢で報道している。ある「特定の意図」を以て書かれたと思われてもしょうがない内容の

 オンパレード。朝日が日本の新聞ではないことだけは確かなようだ(今さらだけど)。

 新型コロナウイルスによる肺炎が蔓延している。世間の不安が大きいなか、左派系メディアが何かと政府批判に結びつけて報道している。きちんとした

 批判なら構わないが、後出しジャンケンのごとく結果論に終始する見苦しいものが多い。特にTBSのサンモニは酷すぎる。

 「捏造記者」植村隆が当然のごとく敗訴した。元慰安婦・金学順を「挺身隊として戦場に連行された」と「捏造記事」を書き、日本を貶め韓国を増長さ

 せた。この期に及んで「これは非常に恐ろしい判決です。捏造というフェイクニュースを野放しにすることができる」などと戯言を言う。どうしようも

 ないクズだ。

 「東京2020協賛ジャンボ」が2月3日から発売されている。本ジャンボの収益金の一部は、東京オリンピック・パラリンピックの準備・運営に役立

 られる。例年の「バレンタインジャンボ」は、今年はお休みのようだ。

 中国を「民主主義国家」と言った舌の根も乾かないうちに「(中国は)民主主義が封殺された国」と言う原口一博。過去の言動も「ブレブレ」。ただただ世間の波(流れ)に乗るだけのヤツ。信念も何もないただの政治屋! 相変わらず「ブレブレで行動することがブレないヤツ」。

 武漢駐在の邦人がチャーター機で帰国した。感染の有無確認などが必要なため、宿泊施設で隔離対応が取られている。そんな中、大西健介は非常時に帰

 国者を受け入れてくれた千葉県のホテルに関連して「仮に断れない事情があったとすれば弱みに付け込むような話」。こんなクズでゲスな人間が国会議

 員とは・・・。


【ブログカテゴリー紹介】

「まったりとスペシャル系」のカテゴリー一覧です。興味のあるものがあればご覧ください。一部はカテゴライズが曖昧。

【カテゴリー一覧】


【注意事項】

まったりとスペシャル系」内の写真は、自分で撮影したものとネット上にあふれている写真を使用させてもらったものと2種類あります。特にネットからの写真については、その2次使用時は十分注意願います。私は責任を負いません! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)


【お願い】

ブログ更新のモチベーション維持のために、ご協力をお願いします。

(下記バナーをクリックしてください)