New【 雉(キジ)がいた! 】をUP(5月16日)

【まったりとスペシャル系】

日々思ったことや愚痴などを適当に綴っているけど、一部毒を吐いている記事もあるので、ご注意を!!

 

とにかく、日本を貶めようとする勢力が大嫌い。いわゆる「慰安婦問題」を捏造した朝日新聞、福島瑞穂らの反日勢力、その片棒を担いでいる左派系マスコミ、日教組、日弁連、一部労組をこき下ろしている。また、いわれなき日本批判を続ける中国と韓国も大嫌い。特に韓国は、いちいち日本のやることに口を出すな! と常日頃から思っている。(でも、基本的には是是非非だよ)

 

とは言っても、毒吐き記事ばかりではなく、それなりに楽しい記事も多い(と思ってる)のでよろしく。


【最新記事】

「まったりとスペシャル系」の最新記事(10件)です。概要と写真(ある場合)を載せています。

自宅から「ぼ~っと」外を眺めていたら、近所の畑に鳥の姿が見えた。毎日「カァ~カァ~」とうるさいカラスかなと思ったが、ちょっと赤い部分が見えた。「あっ、雉(キジ)だ」と言うことで、写真を撮ってみた。目の周りに赤い肉垂があるので、これはオス。キジは日本の国鳥とされているが、それは「日本鳥学会」が言ってるだけで、国(政府)が法的に定めているものではない。

「ドリームジャンボ」と「ドリームジャンボミニ」が発売されている。ドリームジャンボは1等賞金が3億円、ミニは1等3000万円。最近の傾向として1万円クラスの当選本数が多くなっているが、夢は高額当選。とは言え、3,000円が当たれば御の字。

古いDVDプレイヤーを処分しよう思い、録画されている番組などを消そうと確認してみた。すると「笑ってコラえて! チアリーディングの旅2010 完結編』(2010年)などの懐かしい番組が多く録画されていた。余りの懐かしさにGW中に全番組を編観てしまった。特に「チアの旅」はチアが好きになるきっかけの番組だ。もう12年も前になるのかぁ。

朝日新聞の5月3日(憲法記念日)の社説「揺らぐ世界秩序と憲法 今こそ平和主義を礎に」は、笑う以外にはない代物だ。それにしても、論説委員連中は「平和になぁ~れ」と願っていれば、平和になると信じている連中の集まりのようだ。まあ、この社説は朝日の「憲法改正は絶対に許さない」との意思表示と考えるのが適切なのだろう。それにしても、もう少しまともなロジックで論を展開できないものかね。

TBSの「サンデーモーニング」で関口宏が、自民党の防衛力強化のために防衛費の増額を提言していることに対し、「戦争を止めるのは外交力ですからね」と批判した(5月1日放送)。相変わらず「お花畑」だな。現実問題としてロシアのウクライナ侵略は止められなかった。なぜか?ロシアが核保有国だからだ。それと、プーチンがアメリカの弱腰を見抜いていたからだ。外交努力を否定するわけではないが、最終的には核を含めた軍事力だと言うこと。

朝日新聞・坪井ゆづるがまた「モリカケ」ネタを書いていた。自ら捏造した「疑惑」と称するものを何年やっているのか? 「疑惑がぁ~!」と言うなら、自ら取材してその疑惑とやらの証拠なり何なりを見つければいいではないか。何もせず「安倍の疑惑だぁ~!」って書いてれば給料がもらえる新聞記者(論説委員)。楽な仕事だ。バカ丸出しだ。

立憲民主党の小川淳也政調会長は、国家安全保障戦略改定に向けた自民党内の議論に関し、「防衛費2%や敵基地攻撃能力など、挑発的で非常に悪乗りした議論だ」と批判した。相変わらずだな。立民がダメなのか、小川がダメなのか。まあ、両方だろうが。国民の生命と財産を守る責務を負う国会議員が「悪乗りだ」などと言うことが理解できない。後になって「あぁ~、何かやっとけば良かった」などと後悔しても始まらなのに。枝野時代と何も変わらずバカばっかり。日本には不要な政党だ。

藤岡GCに行ってきた。前日夜からの雨も上がり、最高気温28℃という初夏の日差しになった。ただ風がひんやりしていたのと早い時間のスタートだったため、それほどの暑さは感じなかった。ゴルフは好調で、チップインだがバーディーも取れ80台半ばの好スコア。

平成元年(1989年)4月20日、朝日新聞夕刊1面に「サンゴ汚したKYってだれだ」という自作自演の捏造記事が載った。記事中で「80年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて」と日本人を蔑む。朝日新聞の「サンゴ事件」を忘れてはならない。朝日新聞が廃刊になるまで、決して忘れてはならない。

ロシアのウクライナ侵攻から2ヶ月近く経った。停戦協議が進められるも、継続して戦闘行為も行われている。早期の戦争状態の終結を望む。TVニュースなどではウクライナの首都・キエフの映像が映ることがある。キエフで思い起こすのが、ムソルグスキー作曲の組曲「展覧会の絵」だ。この組曲「展覧会の絵」の中の最終曲が「キエフの大きな門」だ。このような素晴らしい音楽になっている風景が、そのまま残されることを願っている。



【ブログカテゴリー紹介】

「まったりとスペシャル系」のカテゴリー一覧です。興味のあるものがあればご覧ください。一部はカテゴライズが曖昧。


【注意事項】

まったりとスペシャル系」内の写真は、自分で撮影したものとネット上にあふれている写真を使用させてもらったものと2種類あります。特にネットからの写真については、その2次使用時は十分注意願います。私は責任を負いません! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)

 

また、他社・他人を批判する記事も多いですが、特定の団体や人物の名誉を毀損することが目的ではありません。ご理解いただきたく。