New【 朝日新聞は過去記事への反省はないのか? 】をUP(6月29日)

【まったりとスペシャル系】

日々思ったことや愚痴などを適当に綴っているけど、一部毒を吐いている記事もあるので、ご注意を!!

 

とにかく、日本を貶めようとする勢力が大嫌い。いわゆる「慰安婦問題」を捏造した朝日新聞、福島瑞穂らの反日勢力、その片棒を担いでいる左派系マスコミ、日教組、日弁連、一部労組をこき下ろしている。また、いわれなき日本批判を続ける中国と韓国も大嫌い。特に韓国は、いちいち日本のやることに口を出すな! と常日頃から思っている。(でも、基本的には是是非非だよ)

 

とは言っても、毒吐き記事ばかりではなく、それなりに楽しい記事も多い(と思ってる)のでよろしく。


【最新記事】

「まったりとスペシャル系」の最新記事(10件)です。概要と写真(ある場合)を載せています。

高崎市の県立公園「群馬の森」にある朝鮮人労働者追悼碑の設置更新を巡る訴訟で、最高裁は市民団体側の上告を棄却した。朝日は以前から管理団体側の「政治的発言」「政治集会化」には触れず、「多様性を認めず雰囲気がある」「安倍政権下の日韓の緊張状態が具現化した」と、まったく本質と関係ない方向に話を持っていっていた。そして「ヘイトスピーチと同様だ」とまで報じていた。そんな朝日は管理団体敗訴はベタ記事のみ。過去記事への反省はないのか?

藤岡GCに行ってきた。朝からどんよりし、霧雨のような細かな雨が少し降る状態。霧も出ていて山々もぼんやりしている。ただ天気は回復し太陽も顔を出してきた。天気が回復するにつれ蒸し暑さが増してきて、これはこれで暑苦しく辛いものがあった。プレイ中にイノシシに遭遇した。まだ子どものようだが、コース内を堂々と闊歩していた(苦笑)。

尼崎市で全市民46万人分の個人情報を紛失した問題は、委託元の尼崎市・委託先のBIPROGY社双方ともいい加減な仕事をしていたみたいだ。結果的にUSBが見つかりデータの流出もないようだが、「良かった良かった」にはならないだろう。双方ともそ粗末すぎて呆れるしかない。これから大変なのは尼崎市民だ。間違いなく今回の件をネタに詐欺行為が横行するだろう。

高崎市の県立公園「群馬の森」にある朝鮮人労働者追悼碑の設置更新を巡る訴訟で、最高裁は市民団体側の上告を棄却する決定をした。これにより、市民団体側の請求を棄却した東京高裁判決が確定した。当然の判決だ。設置時の「政治的行事を行わない」との約束を無視し、政治集会を繰り返したんだから。管理団体は速やかの園内の追悼碑を撤去すること。

5月のドリームジャンボ購入時、「スクラッチプレゼント」キャンペーンの応募用紙(シリアルナンバー)をもらっていた。あんまり興味はなかったが、一応応募だけはしておいた。これが見事に当選した! でもどうせ当たるなら、ドリームジャンボの高額当選の方が良かったけど・・・。スクラッチをもらってきて削ってみたら、200円が2枚当たった。400円とは言え、せっかくの当選なので換金してこよう。

東京新聞が「防衛費倍増に必要な『5兆円』教育や医療に向ければ何ができる? 自民提言受け考えた」は、何とも幼稚な記事だ。本質の議論を避け、印象操作を目的とした惨めとも言えるものだ。本質は「なぜ必要なのか?」である。泊原発差し止め判決を「万が一に備えた安全確保策を迫る判決だ」と絶賛している。だったら「安全保障での万が一の備えはこうだから不要」との記事を書かなければならない。

毎日新聞の宮原健太という記者が「自分の考えに合わないからと相手を『いらない』と吐き捨てるのは知性なき愚かな考え方だ」と偉そうにツイートした。「#立憲民主党いらない」に過剰に反応したようだ。自分らは「安倍政治を許さない」などと、考えの違う政治を吐き捨てておきながら、何を言ってるんだ。結局は、宮原は自らの「知性なき愚かな考え」を世間に知らしめただけのことである。

藤岡GCに行ってきた。梅雨に入ったが、何とか朝から曇り空(雨に降られず)の下でプレイすることができた。ゴルフは好調で、チップインバーディーを取るなど、80台半ばのスコアだった。トリはあったがタボと3パットがなく、自分でも驚いている。

平成9年(1997年)に発生した「神戸連続児童殺傷事件」から25年が経過した。この事件は25年経っても様々な問題を現在に投げかけている。これだけ社会に与えた影響も大きかった事件を、今後の少年法や更生プログラムの在り方について考える契機にするのは当然のとこと思う。ところが朝日新聞はその議論から目を背け逃げた。加害少年(現在39歳)の「更生」を考えると、朝日の過去の論調はお花畑のきれい事であったことは明らかだ。

テレ朝の「「大下容子ワイド! スクランブル」を観る機会があった。中国・習近平を扱ったネタの中で、新華社が放送している習の足跡みたいな番組に対し「習主席 意外な素顔も」とテロップを付けていた。事実かどうかも分からない内容で、習の個人崇拝を促すようなプロパガンダ番組に対してだ。そんなものに事実前提で「意外な素顔も」とテロップを付けるテレ朝。呆れるしかない。


【ブログカテゴリー紹介】

「まったりとスペシャル系」のカテゴリー一覧です。興味のあるものがあればご覧ください。一部はカテゴライズが曖昧。


【注意事項】

まったりとスペシャル系」内の写真は、自分で撮影したものとネット上にあふれている写真を使用させてもらったものと2種類あります。特にネットからの写真については、その2次使用時は十分注意願います。私は責任を負いません! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)

 

また、他社・他人を批判する記事も多いですが、特定の団体や人物の名誉を毀損することが目的ではありません。ご理解いただきたく。