New【 NHK・和久田麻由子、朝日新聞・堀内京子はまたダンマリか 】をUP(12月9日)

【まったりとスペシャル系】

日々思ったことや愚痴などを適当に綴っているけど、一部毒を吐いている記事もあるので、ご注意を!!

 

とにかく、日本を貶めようとする勢力が大嫌い。いわゆる「慰安婦問題」を捏造した朝日新聞、福島瑞穂らの反日勢力、その片棒を担いでいる左派系マスコミ、日教組、日弁連、一部労組をこき下ろしている。また、いわれなき日本批判を続ける中国と韓国も大嫌い。特に韓国は、いちいち日本のやることに口を出すな! と常日頃から思っている。(でも、基本的には是是非非だよ)

 

とは言っても、毒吐き記事ばかりではなく、それなりに楽しい記事も多い(と思ってる)のでよろしく。


【最新記事】

「まったりとスペシャル系」の最新記事(10件)です。概要と写真(ある場合)を載せています。

静岡県知事・川勝平太の「女性蔑視発言」に対し、日ごろ「女性の人権がぁ~!」と騒いでいる連中(朝日・毎日やテレ朝・TBSなど)が、なぜか静かだ。森喜朗・東京五輪組織委会長(当時)の発言を「女性蔑視だぁ~!」と大騒ぎしたのとは大違い。森批判の時、公共の電波を使って個人的な批判をしたNHK・和久田麻由子、自らが決定権者のような傲慢な批判をした朝日新聞・堀内京子よ。なぜ今回「も」ダンマリなのか? こいつらは、テレ朝・報道ステーションのWeb用CMが「女性蔑視だ」と批判された際も、ダンマリを決め込んでいた。結局、こいつらは「女性蔑視発言」批判でも何でもなく、ただ時流に乗っただけの浅はかなクズだと言うこと。

静岡県知事の川勝平太が6月の知事選時、「顔のきれいな子は賢いことを言わないときれいに見えない」などと発言をしていた。明らかな女性蔑視発言だ。これで思い起こされるのが、森喜朗・東京五輪組織委会長(当寺)の発言を切り取り「女性蔑視だぁ~!」批判をした連中。それを考えれば、なぜ川勝批判がこんなに少ないのだ。朝日や毎日は社説を使って森発言を批判していた。さあ、川勝発言も社説で批判しろ!

年末ジャンボとミニを買ってきた。年末ジャンボが発売になると、1年が終わるなぁと感じる。年末ジャンボは1等賞金が7億円。もちろん1等が当たるなどという「夢」など見ないが、せめて3,000円は当たって欲しいなと思う。1万円など当たったら舞い上がってしまう(苦笑)。

朝日新聞の社説「伊方原発 安全・安心は万全か」は、相変わらず朝日の「感情論に訴える」しか能の無い原発反対論だ。四国電力が伊方原発3号機を再稼働させると発表したことを受けて、四国電力は「あんなミスもした、こんなミスもした。だから再稼働は安心ではない」という短絡的なもの。それを言ったら、慰安婦捏造の朝日はとっくの昔に廃刊していないとおかしい。バカな新聞だ。

藤岡GCに行ってきた。朝の冷え込みも厳しくなり冬の到来を思わせる。当日は晴天に恵まれ、風もほとんどないゴルフ日和。この日はドライバーが好調で、ほとんどフェアウエイをキープしていたのだが、なぜかこういう日は2打目以降の当たりが悪いというアンバランス。残念ながら80台は出なかったが、今年も残り少ないので楽しいゴルフを実践したい。

朝日の記事は「政府・自民党批判」と「何でも反対」から成り立っている。政府の経済対策としての各種給付を批判しながら、別の日ではこっちに給付しろと批判する。おいおい、給付を批判していたではないか(呆)。実は、それ以前には「もっと給付しろ」と書いていた。益々以てバカな新聞だ。自分らが過去に何を書いてきたかくらい、きちんとチェックしてから書けと言いたい。

11月19日は部分月食だった。それも月の約98%が欠ける「ほぼ皆既月食」と呼べるもの。天気予報も晴れ模様で期待度大。今年の5月26日の「皆既月食」が曇り空で、まともに見られず残念だったので、なおさら期待していた。しかし残念ながら薄い雲が覆い、肉眼ではぼやけた状態でクリアに見ることはできず。まあ、写真では赤銅色に見える「ブラッドムーン」っぽく写ったので良しとしよう。

新型コロナの根本的な押さえ込み策の一環として、早くウイルスのルーツ(宿主)を明確にする必要がある。ところが、その解明がまったく進んでいない。中国の隠蔽体質や協力拒否の姿勢がその原因だ。そのため、武漢のウイルス研究所から流出したのではないか? との説がくすぶり続ける原因となっている。それなのに日本のマスコミは相変わらず「今日の東京都の感染者は◯◯人です」なんて報道ばかり。まったく役に立たないクズばかり。

新型コロナの感染者数もめっきり減少し、日本における感染対策(ワクチン接種含め)が結果的に大成功だったことを示している。一部のTVなどのメディアも、どうしても政府の感染対策を認めたくないのか「今日の感染者数は18人です。先週の9人から倍増です!」(テレ朝)だそうだ。倍増って使い方間違ってるんじゃないか。この状況でも「煽り報道」は忘れないクズ局!

先の衆議院選で惨敗した立憲民主党。当初は辞めないと言っていた枝野幸男も、さすがに辞めざるを得なくなったようだ。党が瀬戸際の大変な時に、蓮舫は得意のブーメランを投げまくっている。朝日新聞を始めとしたマスコミから甘やかされてきた蓮舫は、自分をいろんな意味で省みるチャンスを逃し続けている。自分が分かってない典型だな。


【ブログカテゴリー紹介】

「まったりとスペシャル系」のカテゴリー一覧です。興味のあるものがあればご覧ください。一部はカテゴライズが曖昧。


【注意事項】

まったりとスペシャル系」内の写真は、自分で撮影したものとネット上にあふれている写真を使用させてもらったものと2種類あります。特にネットからの写真については、その2次使用時は十分注意願います。私は責任を負いません! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)

 

また、他社・他人を批判する記事も多いですが、特定の団体や人物の名誉を毀損することが目的ではありません。ご理解いただきたく。