New【 朝日新聞は喉から手が出るほど広告料が欲しい! 】をUP(11月20日)

【まったりとスペシャル系】

日々思ったことや愚痴などを適当に綴っているけど、一部毒を吐いている記事もあるので、ご注意を!!

 

とにかく、日本を貶めようとする勢力が大嫌い。いわゆる「慰安婦問題」を捏造した朝日新聞、福島瑞穂らの反日勢力、その片棒を担いでいる左派系マスコミ、日教組、日弁連、一部労組をこき下ろしている。また、いわれなき日本批判を続ける中国と韓国も大嫌い。特に韓国は、いちいち日本のやることに口を出すな! と常日頃から思っている。(でも、基本的には是是非非だよ)

 

とは言っても、毒吐き記事ばかりではなく、それなりに楽しい記事も多い(と思ってる)のでよろしく。


【最新記事】

「まったりとスペシャル系」の最新記事(10件)です。概要と写真(ある場合)を載せています。

 朝日新聞が掲載した書籍の広告が批判を浴びている。ガンの新治療法を謳ったもの。「ガンは真菌だ!」「重曹でガンが消えた!」などと、驚きの言葉

 が並ぶ。誰がどんな本を書こうが出版しようが自由だが、それを広告として掲載する以上、新聞社にも責任が生じるのは当然だ。

 竹田恒泰氏の講演会が妨害予告により中止となった件は、明らかな「脅迫」による言論の自由の侵害だ。この件について三鷹市の共産党市議が「良かっ

 た!」とツイート。言論の自由のない共産党だからといって、他者の自由を否定するな!

 秋も深まり朝の冷え込みも厳しくなってきた。しかも朝早いスタートだったのでヒートテックを引っ張り出し着込んでいった。しかし風も無く良い天気

 となったのですぐに暑くなり、後半は上着を脱いでも汗が出てくる始末。スコアも連続80台がストップ。疲れたゴルフになった。

 評論家・竹田恒泰氏の講演会が、妨害予告により中止となった。あいちトリエンナーレでも同様の脅迫があり「表現の自由が傷つけられた」と大騒ぎし

 た朝日新聞は、今回どう報じるか? 社説やコラムで大々的に報じるよな?

 野党は政府主催の「桜を見る会」に安倍首相の後援会関係者が多数招待されているとされた問題を追求するという。いつものこととは言え、批判のため

 の批判。国民は野党に政府・与党との政策的(経済・外交・安全保障)な対立軸を求めているのだ。

 文在寅は日・米などとの関係改善を目指すのではなく「反日・反米・従北・親中」路線に突き進むしかないだろう。今から方針転換(中途半端な妥協)

 をしようものなら強固な左翼陣営が離れ、自身の立場が危うい。文は初志貫徹で突き進む。最も悲惨な目に遇うのは「普通の国民」。

 福山哲郎が閣僚の「政治とカネ」問題を批判しているが、自身の後援会の政治資金規正法違反「疑惑」や事務所費問題、有権者への寄付行為などにはダ

 ンマリ。自分や身内に甘い体質を変えない限り、多くの国民の支持を得るのは不可能だ。

 原口一博が「『何でも反対の野党』これも『呪いの言葉』です。政権と政権と厳しく対峙して倒そうとしない野党など要りません」とツイートしたが、

 野党が国民からどう思われているをまったく自覚していないアホツイートだ。

 週刊文春が報じた「疑惑」に乗っかり批判社説を書く朝日新聞。典型的な「他人のふんどしで相撲を取る」情けなさ。記者の仕事は「権力監視」と嘯く

 編集委員・駒野だが、「文春によると」などと書く論説委員に言うことはないのか?

 「新聞記者はニュースを報道するのが仕事である」「(記者は)監視者でなければ読者の信頼を得られない」と書く駒野ら朝日記者が、身内の不祥事を

 報道することはない。自らも監視される対象者(権力者)であることの自覚もない大甘連中が偉そうなことを書くな!


【ブログカテゴリー紹介】

「まったりとスペシャル系」のカテゴリー一覧です。興味のあるものがあればご覧ください。一部はカテゴライズが曖昧。

【カテゴリー一覧】


【注意事項】

まったりとスペシャル系」内の写真は、自分で撮影したものとネット上にあふれている写真を使用させてもらったものと2種類あります。特にネットからの写真については、その2次使用時は十分注意願います。私は責任を負いません! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)


【お願い】

ブログ更新のモチベーション維持のために、ご協力をお願いします。

(下記バナーをクリックしてください)