New【 中秋の名月2021 】をUP(9月22日)

【まったりとスペシャル系】

日々思ったことや愚痴などを適当に綴っているけど、一部毒を吐いている記事もあるので、ご注意を!!

 

とにかく、日本を貶めようとする勢力が大嫌い。いわゆる「慰安婦問題」を捏造した朝日新聞、福島瑞穂らの反日勢力、その片棒を担いでいる左派系マスコミ、日教組、日弁連、一部労組をこき下ろしている。また、いわれなき日本批判を続ける中国と韓国も大嫌い。特に韓国は、いちいち日本のやることに口を出すな! と常日頃から思っている。(でも、基本的には是是非非だよ)

 

とは言っても、毒吐き記事ばかりではなく、それなりに楽しい記事も多い(と思ってる)のでよろしく。


【最新記事】

「まったりとスペシャル系」の最新記事(10件)です。概要と写真(ある場合)を載せています。

9月21日は「中秋の名月」。「中秋の名月」は旧暦(太陰太陽暦)の8月15日に見える月のことで、今年は満月である。実は「中秋の名月」が満月なのは8年ぶりのこと。

藤岡GCに行ってきた。まだ日中は暑い日も多いが。朝晩はめっきり涼しく秋らしい陽気になってきた。当日は台風による雨が心配される(午後から雨予報)曇り空。気温も20℃ちょっとくらいで、ゴルフにはちょうど良い感じ。ただゴルフ自体はまとまらず、ショットのわりにはスコアはいまいち。また頑張ろう!

朝日新聞は「ツキノワグマ遭遇 思わずパチリ」という記事を取り消した。理由は提供を受けたクマの写真が、実は社内のものだったから。誰がどう考えても「記事の捏造」である(朝日は認めていない)。朝日は過去にも何もないところから記事を作ったことがある。「100円ラーメン捏造記事」(広島県版)だ。朝日は経緯をウソ偽りなくきちんと発表すべきである。こういうところで、朝日が過去の捏造を反省しているかが試されることになる。

福島瑞穂「総理大臣は女性なら誰でもいいというわけではありません。」とツイート。福島のツイートは、自民党の総裁選に出馬表明している高市早苗を意識してのものと解釈できる。、ああ、それはそれでいいのだが、そんな福島は「クォータ制を導入しろ」を主張している。福島に言いたい。「国会議員は女性なら誰でもいいというわけでない」。

菅首相は自民党の総裁選に不出馬を表明、実質上の首相退任となる。これだけ感染者数も死者数も少ない日本で、なぜコロナ対策が評価されてないのか? それは朝日などの報じる側の思惑によるところが大きい。あれだけ不安を煽り、恐怖心を植え付けるような報じ方をすれば、誰でもコロナを恐れる。そして成果はまったくと言っていいほど報じない。朝日などの左派系メディアがが扇動的な記事で世論を煽り、テレ朝やTBSの愚にもつかないワイドショーが前から後ろからサポートする。世も末だな。

朝日新聞が慰安婦問題について、また戯言を言っている。慰安婦を「被害者」と書く朝日は、その「加害者」を書かない。旧日本軍やその関係者と読者に誤読させるためだ。強いて言うなら「加害者」はその近親者や慰安所などの手配師だ。朝日の論説委員連中はどこまで腐っているのか! 慰安婦問題は既に韓国の内政問題になって久しい。朝日が「被害者救済を」と言うなら韓国政府に言え!

朝日新聞がまた福島第一原発の処理水の廃棄問題を社説で書いていた。朝日は過去から風評を煽るような記事を乱発してきた。そんな朝日は「処理水」が科学的に問題なことを絶対に書かない。書けないのだ。もし朝日がまともなメディアだと自認しているのなら、「科学的に問題ないので風評を煽るような言質は慎むべきだ」と、逆に書かなくてはいけない。それをしない朝日は反原発のプロパガンダ紙であることをよく示している。

朝日新聞は東京五輪を中止しろと主張していた。批判記事も多く書いていた。しかし、その多くが夏の甲子園開催にブーメランとなって突き刺さっていたのには笑うしかない。夏の甲子園は朝日の懐具合を改善する手段でしかない。朝日の各班事業であることを見事に世に知らしめた大会となった。本当クズ紙だ!

藤岡GCに行ってきた。当日最高気温は35℃の猛暑日。とにかく暑い! しかも使用グリーンが高麗グリーンだったため、ゴルフも苦戦。色んな意味で汗がダラダラの流汗淋漓。

韓国は東京五輪で惨敗した。五輪に反日を持ち込み国民のナショナリズムを煽ったが、競技の結果がついてこなければ逆効果となる。元々韓国のスポーツ力は財閥に支えられてきた。韓国では財閥の支援なくしてスポーツ力の向上はない。ところが文政権になると、サムスンの副会長が逮捕された。朴槿恵政権時の崔順実事件の余波だが、これで財閥はおいそれとカネを出せない状況となった。この先も暗いと言わざるを得ない。


【ブログカテゴリー紹介】

「まったりとスペシャル系」のカテゴリー一覧です。興味のあるものがあればご覧ください。一部はカテゴライズが曖昧。


【注意事項】

まったりとスペシャル系」内の写真は、自分で撮影したものとネット上にあふれている写真を使用させてもらったものと2種類あります。特にネットからの写真については、その2次使用時は十分注意願います。私は責任を負いません! (詳細はフッターエリアの「概要」をお読みください)


【お願い】

ブログ更新のモチベーション維持のために、ご協力をお願いします。

(下記バナーをクリックしてください)