New 【 暑すぎる! 】をUP(8月11日)

【フォトダイアリー】

個人的なトピックスやニュースを写真付きで紹介している写真日記。内容はたわいもないものや、ネタもないのに無理して書いているもの多数あり。内容は期待しないでください。多少「上州まったり紀行」や「まったりとスペシャル系」と連動してる。最新フォトダイアリー5件は、トップページにも記載あり。

 

なお、いろいろな制約の都合上、古い記事は順次削除(Max100件で固定)。


【暑すぎる!】

今日(8月11日)は異常なほど暑かった。群馬県伊勢崎市と桐生市では40.5℃を記録した。うちも夕方帰宅したら室温が37℃。「モア~」としており気持ち悪いくらい。エアコン全開で冷やしたが、未だこれから夏本番。ちょっと憂鬱。

【仁叟寺の多胡碑】

仁叟寺に多胡碑がある。多胡碑と言っても本物ではないけどレプリカでもない。吉井町の旧家に伝わっていたもので、文字の書体・大小などが世界遺産・多胡碑と寸分も違わない。両者の拓本を比べても判定に苦しむほどだという。製作の経緯などは不明だが、この碑は多胡碑の裏碑(予備)であるので、同材質・同刻で造られていると伝わっている。

【梨の季節がやってきた!】

ボチボチ梨の直売店がオープンしたかなと、埼玉県神川町へ行ってみた。国道254号沿いには多くの直売店がある。毎年お世話になっているお店で「はつまる」と「筑水」を買ってきた(写真は「はつまる」)。これから11月まで毎日梨が食べられる。

【平将門の墓】

大泉町の蚕福山神宮に平将門の墓がある。明治初年に将門の末裔とされる相馬氏が造立したとされる。承平2年(932年)とあるが、将門が討死したのは天慶3年(940年)なので、承平2年は何だろう?

【かき氷の季節だな】

梅雨の蒸し暑さから、かき氷器を引っぱり出してきた。シロップはイチゴとスカイとメロンを買ってきた。3年前に買った「電動ふわふわとろ雪かき氷器」で、ふわふわ感のあるかき氷を堪能中。

【奧平貞訓って誰だろう?】

高崎市吉井町・仁叟寺の開基とされる奧平貞訓の墓。しかし貞訓は法名(戒名)の「天祐院殿仁叟貞訓居士」からのもの。奧平氏の系譜に貞訓の名は見えない。勝手な推定をすれば、年代的に奧平貞俊あたりなのかな?

【大泉町・吉田公園のタコ】

大泉町の吉田公園にタコがいた(笑)。これは遊具なのかな? 頭の上に乗って遊ぶようにも見えないし、遊び方がよく分からない。それとも単なるオブジェなのか。

【紫陽花が咲き始めた】

梅雨時期の風物詩・紫陽花の花が咲き始めた。まだ梅雨入り前なので、本咲きには少し早いけど。紫陽花の花は咲き始めは白いが、その後は土壌のpHによって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われている。

【人生初の青汁】

青汁をもらったので早速飲んでみた。人生初の青汁! 「青臭い」「葉っぱの味」という感じはしたが、普通に飲めた。牛乳に混ぜて飲むのがお薦めらしいが、それ以外にも美味しい飲み方が書いてあった。いろいろな組合わせに挑戦してみようかな。

【邑楽町赤堀・久五郎神社】

館林藩主の松平武寛・斉厚父子は旧赤堀村(邑楽郡)の新田開発や灌漑施設の整備、営農指導などを行い農作物の作柄を向上させた。そのため村民は松平父子を「百姓の神様」と敬った。大正15年に武寛・斉厚の遺徳を偲び、久五郎神社の石碑を建立。久五郎は武寛・斉厚の幼名。

【井河大明神】

館林藩主・井上河内守正春の善政に感謝し、旧狸塚村々民が建てた石碑。狸塚村は荒れ地が多く、凶作も続いたため年貢を減免したことへの感謝の気持ちの表れ。本来なら「井上大明神」とするところだが、新しい藩主への遠慮から「井河」としている(井上の井と河内守の河)。

【山椒味噌をいただいた (^_^) 】

大先輩でありゴルフ仲間でもあるAさんから、今年も山椒味噌をいただいた。Aさん自家製! これが何にでも合う優れもの。ご飯(米)と一緒に食べてもおいしいが、最近は大好きな豆腐にちょっと付けて食べている。Aさんには感謝しかない。

【4月20日は「朝日新聞KYの日」】

平成元年(1989年)4月20日、朝日新聞夕刊一面に「サンゴ汚したKYってだれだ」という自作自演の捏造記事が載った。朝日新聞の「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」を日本人に置き換えるというクズっぷり。朝日新聞が潰れるまで、決してこの捏造を忘れてはいけない!

【今年最大の満月「スーパームーン」】

4月8日の月は、今年最大の満月「スパームーン」。

月が地球に近づくタイミングで満月になると、通常より大きく輝きも増す。これを「スーパームーン」と呼んでいる。夜中に撮ったが、さすがにまだ寒いね。

【如意輪観音?】

邑楽町のあるお寺の観音堂に祀られている観音様。堂前の説明板に「十九夜観音(如意輪観音)」とある。一般的には如意輪観音って一面六臂で、右手を頬にあて、右膝を立て両方の足の裏を合わせて座る(輪王座)容姿を思い浮かべるが、この観音像は千手観音のように見える。左手に宝戟、右手に錫杖らしき物を持っているところなど、どう見ても・・・。

【桜が咲いてきた】

桜が綺麗に咲いてきた。今冬は超暖冬で季節感があやふやだが、桜が咲くと春がきたなぁと。それにしても、春分の日を含む3連休は、暖かいを通り超して暑いくらいだった。でも、これで厚手の服をしまうと失敗するかもね。もうちょっと待とう。

【神社に置かれた機雷】

邑楽町の玉取神社に戦時中に使われていた機雷が置いてあった。昭和3年に海軍から下付されたもの。当時は各地の神社や公共地に、機雷(魚雷含む)や砲弾などが廃兵器として無償で下付されていたようだ。戦意高揚の意味もあったのだろう。 

【梅の花が咲き始めた】

梅の花が咲き始めた。この冬は超暖冬なので多少早いのかな(詳しくないのでよく分からない)。「春告草」の別名通り、梅の花が咲き始めると春が来たなあと感じる。梅は開花時期が長いので、花を長く楽しめるのもいいところ。 

【2月22日は「竹島の日」】

2月22日は島根県が制定した「竹島の日」だ。

韓国に実効支配されているが、れっきとした日本領であることは明白。日本領土であることを国民一人ひとりが強く認識することが大切である。日本政府も閣議決定や国会での議決を進めるべきだ。

【OZアカデミー前橋大会2020】

OZアカデミー前橋大会に行ってきた(2月16日)。7年連続の観戦。毎年群馬に来てくれる唯一の女子団体だ。今年も楽しく激しい試合で、会場は盛り上がっていた。撮ってきた写真や感想などは、そのうちブログに書くよ。 

【2月7日は「北方領土の日」】

2月7日は「北方領土の日」だ。

択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島をソ連・ロシアが不法占拠して以来、すでに70年以上が過ぎた。4島一括返還、2島先行返還など、いろいろな考えがあるかと思うが、日本固有の領土であることを忘れてはならない。 

【半影月食】

1月11日は「半影月食」だった(写真の左下あたりが、少し暗くなっているのが「半影月食」)。月食には地球の「本影」によるものと「半影」によるものがある。「半影」は少し薄暗い程度の影で、イメージする「本影月食」とは大きく違う。 

【顔きり薬師】

高崎市福島町の永光山金剛寺に「顔きり薬師」と呼ばれる薬師さまがある。江戸時代初期、当地に住みついた夜盗を美女に姿を変え、顔を切られながらも退治したとの伝説がある。確かにお顔に摩耗とは違う削り跡のようなものがある。 

【謹賀新年】

明けましておめでとうございます。

みなさまにおかれましては、健やかな新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。今年も「Tigerdream-NET」をよろしくお願いいたします。 

【Merry Christmas】

メリークリスマス!

世の中クリスマスムード一色。個人的にはどうでもいいことなのだが。背景もそれっぽくしたりしたので、流されついでに(苦笑)。でも背景はすぐ変えるよ。

【ヘリコプターが飛んでいた】

ヘリコプターが飛んでいたので写真を撮ってみた。何のための飛行か知らないが意外と低空だったのでパイロットさんや同乗者が見えるし、ヘリ会社の社名も読める。たまたまデジカメ持って歩いていたら、ヘリの音が聞こえたので写真を撮っただけなんだけどね。

【「果売箱」って何だか知ってるの?】

とあるお寺の境内に「果売箱」があった。狛犬のつもりで置いているのかもしれないが、「果売箱」って中国の「ゴミ箱」だよ。オブジェも兼ねてよく置いてある。檀家の方の寄付かもしれないが、どうにかした方がいいと思うよ。 

【矢背負稲荷神社のご朱印状】

高崎市下室田町・矢背負稲荷神社のご朱印状。ご朱印状に興味があるわけでも集めているわけでもないが、書き置きであったのでいただいてきた。初穂料は500円。絵柄は神職さんの手書きのようで味わいがある。 

【榛名若御子神社の賽銭入れ】

榛名若御子神社(高崎市箕郷町)の拝殿前にある賽銭入れ。丸太をくり抜いたと思われるもの。氏子の方の手作りかな。下の方に取り出し口があるのか確認したかったけど、変な動きをしていて、あらぬ疑いを持たれても困るのでやめておいた。 

【彼岸花には毒がある】

あちこちで彼岸花が綺麗に咲いている。田畑や堤防、墓地などで多く見られる。この写真もお寺の墓地。ただアルカロイド系の有毒植物なので、万が一食べてしまうと吐き気や下痢を引き起こす場合がある。ひどい場合には死に至ることも。けっこう怖い花。 

【中秋の名月】

9月13日は中秋の名月。ところが夜中に雨が降り見られなかったので、15日に撮影。この日も雲がかかっており、クリアには撮影できなかったけど、雰囲気は伝わるかな。実は今年最も小さく見える満月でもある。

【軽井沢で優雅(?)にゴルフ】

三井の森軽井沢CCに行ってきた。天気も良く暑かったけど、浅間山もきれいだった。バーディーはなかったけどパーを10個もとり、今年のベストスコアが出た。素直にうれしい。 

【放光寺の文字瓦】

前橋市総社歴史資料館に展示されている「放光寺」の文字瓦(実物:山王廃寺跡から出土)。

世界遺産「上野三碑」のひとつである山ノ上碑の碑文に登場する放光寺。放光寺に関しては諸説あったが、この文字瓦の出土により、現在では放光寺=山王廃寺と推定されている。 

【高山村・田んぼアート2019】

高山村の田んぼアート。今年の題材は「何これ?」。左は傘を持ったネズミ? 右はタヌキ? 隣で見ていた女の子(小学校低学年くらい)も「タヌキ?」と言っていたので、オレと意見が一致(苦笑)。どうやらネズミとネコらしい。 

【大好きな梨の季節到来!】

梨が大好きなオレは、この時期になると梨の直売店はオープンしたかなと気になりだす。埼玉県神川町へ行ってみたら、運良く営業中の直売店があった。さっそく幸水と秀麗(写真)を買ってきた。これから11月初旬まで、食卓に梨が並ぶうれしい日々が続く。 

【上野村・龍神の滝】

上野村の龍神の滝。落差20m(上段15m、下段5m)の二段の滝。大蛇が棲むという伝説がある。滝の流れが、大蛇が昇天する龍に見えるからかな。滝壺下流で水遊びをすることもできるが、危険なことはしないように。安全第一で楽しく。

【紫陽花の季節】

梅雨も本番となり、紫陽花がきれいに咲き出した。万葉集にも「安治佐為」と詠まれており、古くから初夏の風物詩だ。漢字で「紫陽花」と書くが、唐の詩人が「ライラック」に付けた当て字で、平安時代の学者・源順が「あじさい」に誤使用したといわれる。

【甘酒婆さん】

伊勢崎市境米岡の姥石。通称「甘酒婆さん」。

新田義貞挙兵の際、当地で小休止をしていた軍勢に甘酒を振る舞っていた老婆が、大舘宗氏の馬に蹴られ死んでしまった。そこで手厚く葬ったところ、老婆が石になったといわれる。姥石は百日咳にご利益があり、治るとお礼に甘酒を供える風習がある。 

【日本一の大黒様】

下仁田町・中之嶽神社の大黒様。

高さ20m、重さ8.5トン。平成17年(2005年)の建造。一般的に大黒様は小槌をもっているが、この大黒様は剣を持っている珍しい姿をしている。最近では大黒様の縁日である「甲子」の日と「甲子園」が結びつき、野球の神様としても大人気だ。 

【自分で道選び】

藤岡市の御倉御子神社。

参道の石段が途中でなくなっている。その先はゴツゴツした岩や木の根が剥き出しの状態。案内板に「ここより石段がありません。あなたの好きな道を選び登坂してください」だそうだ。人生楽ありゃ苦もあるさ? 

【神流町・鯉のぼり祭り】

神流町恒例の「鯉のぼり祭り」が5月1日~5日に開催された。鯉のぼりはお祭り前後(4月29、30日、5月11日)も掲揚されているので、見るだけなら充分。でも雰囲気や賑わい含めて「お祭り」。と言いつつ、お祭り期間外に行ったオレ。 

【イノシシ退治の罠?】

上野村でイノシシ退治の罠らしき檻を見た。畑の山側のあぜ道に設置してあった。各地でイノシシや鹿、ハクビシンなどに作物が荒らされる被害が多発しており、農家の方々や行政も対応に追われているようだ。

【ヤマツツジが満開だ!】

藤岡市の三波川地区へ行ってきた。冬桜で有名な桜山のある地区。とあるお寺の裏山のヤマツツジが満開だった。道も整備されていたので登ってみた。ところが思っていた以上にきつく、両脚のふくらはぎが痙りそうになった。まだ痛い・・・。 

【4月20日は「朝日新聞KYの日」】

平成元年(1989年)4月20日、朝日新聞夕刊1面に「サンゴ汚したKYってだれだ」という自作自演の捏造記事が載った。朝日新聞の「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」を日本人に置き換えるというクズっぷり。朝日新聞が潰れるまで、決してこの捏造を忘れてはいけない!

【桜も咲いて春を実感】

4月に入った途端に寒の戻りで寒かったが、暖かく春らしくなってきた。桜も各地で満開宣言が出ている。うちの近所では八分咲きといったところだが、すぐに満開になるだろう。春だぁ~っ! 

【天文台?】

某市某所で、自宅に天文観測施設を設けているお宅を見つけた。天文台のようなドームが屋上に設置されている。中にはすごい天体望遠鏡が備えられているのだろうか? 子供のころ、天体望遠鏡が欲しかったことを思い出した(結局、買えなかったが・・・)。

【OZアカデミー前橋大会2019】

OZアカデミー前橋大会に行ってきた(2月24日)。6年連続の観戦。毎年群馬に来てくれる唯一の女子団体だ。今年も楽しく激しい試合で、会場は盛り上がっていた。撮ってきた写真や感想などは、そのうちブログに書くよ。

【2月22日は「竹島の日」】

2月22日は島根県が制定した「竹島の日」だ。

韓国に実効支配されているが、れっきとした日本領であることは明白。日本領土であることを国民一人ひとりが強く認識することが大切である。日本政府も閣議決定や国会での議決を進めるべきだ。

【今年最大の満月「スーパームーン」】

2月19日の月は、今年最大の満月「スーパームーン」。

月が地球に近づくタイミングで満月になると、通常より大きく輝きも増す。これを「スーパームーン」と呼んでいる。寒い中、頑張って撮ったので、きっと良いことがあるのでは? 

【2月7日は「北方領土の日」】

2月7日は「北方領土の日」だ。

択捉島・国後島・色丹島・歯舞群島をソ連・ロシアが不法占拠して以来、すでに70有余年が経過した。この現状を日本国民一人ひとりが強く認識し、返還要求の力として行く必要がある。日本固有の領土であることを忘れてはいけない。 

【トカゲの滑り台】

高崎市新町で見つけた滑り台に、大きな「トカゲ」がついていた。何でトカゲ? これって、こどもは喜ぶのかなぁ。怖がるんじゃないか? 誰がどういう意図で設置してるのか知らないが、もっとかわいい系の動物にすればいいのに・・・。

【初日の出】

元日の朝5時から、役員をやっている地元神社に、参拝客の応対のため行っていた。社殿は山頂(と言っても丘程度)にあり、6時50分ころ木々の間から初日の出が見えた。写真を撮ったことをすっかり忘れていたため、今ころのUPになってしまった(苦笑)。

【謹賀新年】

明けましておめでとうございます。

みなさまにおかれましては、健やかな新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。今年も「Tigerdream-NET」をよろしくお願いいたします。

【中之条町のシンボル・嵩山】

中之条町の嵩山(写真は東吾妻町から見たもの)。中之条町のシンボル的な山で、東南面は切り立った岩肌、北西面には樹海が広がる。男岩、屏風岩、女岩など多数の奇岩が存在する。東吾妻町の岩櫃山など、この辺りの山は岩が特徴的だね。

【ぐんまちゃんのスプリング遊具】

群馬の森に「ぐんまちゃん」のスプリング遊具があった。スプリング遊戯と言えば、TVでは「パンダの顔が怖い!」みたいに取り上げらてるのを観たことがある。ぐんまちゃんを立体的にしないで平面に書いたのは正解だね。 

【カエデも真っ赤になった】

秋も深まり紅葉も平地まで降りてきてた。カエデも真っ赤になり見ごろだ。群馬県の紅葉の名所としては赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山や少林山達磨寺などが有名だが、変わりどころでは藤岡市三波川の桜山公園。冬サクラと紅葉が同時に楽しめる。 

【東吾妻町のシンボル・岩櫃山】

吾妻郡を代表する(言い過ぎ?)名勝である岩櫃山。南面は200mの絶壁。奇岩・怪岩からなる切り立った山容は見る者の目を引く。2016年の大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像にも使われていた(らしい)。

【東吾妻町・へそ岩】

東吾妻町の温川沿いの岩肌に「へそ岩」と呼ばれる岩(穴)がある。けっこうな「デベソ」(笑)。でも「へそ」と言うより「目玉」の印象。右側の窪みも目に見えるので、巨人がこちらをにらんでいるようにも見える。「巨人岩」の方が良くない?

【ドラえもんの石像】

渋川市・泰叟寺の本堂入口に「ドラえもん」の石像があった。写真はドラえもんのみだが、実は隣りにはアンパンマンの石像もある。どういう意図で置いてあるのは不明だが、親しみがあっていいと思う。そのうち「上州まったり紀行」で紹介するよ。

【世界遺産・田島弥平旧宅】

田島弥平旧宅は2013年「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成遺産のひとつとして世界遺産に登録された。文久3年(1863年)に建てられた主屋の特徴は屋根の「総櫓」と呼ばれる換気のための窓。これで、構成遺産の4つを制覇(?)した。そのうち「上州まったり紀行」にUPするよ。

【渋川市・神宮寺のふれ愛観音】

渋川市の慈眼山神宮寺を訪れた際、観音堂前の金ピカ「ふれ愛観音」が眼に入った。どうでもいい話だが、中学時代の同級生女子にそっくり。彼女はおおらかな子だったが、観音様だったのかと妙に納得 (^_^)

【ハナミズキの実】

すっかり秋の佇まいになってきた。まだ紅葉には早いが、ハナミズキにも実がなってきた。ハナミズキの実は複合果と言い、密集した花序が一つの果実のように見えるだけ。偽果とも言うけど、実はイチゴもリンゴもスイカも偽果。 

【群馬の森で縁台将棋】

まだ夏の暑さが残る群馬の森。木陰(少し日が当たっているけど)で将棋を指す方がいた。イスやテーブルを持ち込む熱心さ。昭和の中頃まではあちこちで見られた光景らしい(オレは年代的にまったく知らない)。藤井7段の活躍で将棋ブームだしね。

【魚座満月】

8月26日は魚座満月だった。なんでも魚座の位置で満月を迎える時は、占星術的に他の満月よりも「あらゆる物事がピークに達する」影響が強く表れるんだとか。別にこういうのを信じている訳ではないけど、満月には不思議な魅力があるね。 

【「すごいぞ! 江戸の科学」】

群馬県立歴史博物館(群馬の森)で、9月2日まで企画展「すごいぞ! 江戸の科学」が開催されている。実は、この企画展に知り合いのご先祖さまの遺物が展示されている。天体を観測しながら現在地の緯度を割りだす「象限儀」というもの。ご先祖さまは江戸末から明治初年の人で、和算の大家にして大数学者なのだ。 

【高山村「田んぼアート」2018】

高山村の「田んぼアート」。今年は「ぐんまちゃん」「つぼみちゃん」「ポチッとくん」。「つぼみちゃん」は高山村のキャラクターのひとり、「ポチッとくん」は群馬テレビのキャラクター。今年は戌年なので「ポチッとくん」の登場のようだ。

【梨の季節がやってきた!】

オレは梨が大好きだ。シーズン中は毎日1個食べる。ぼちぼち梨を売ってないかなぁと埼玉県神川町まで行ってみたら、数軒の直売店がオープンしていた。やったぁ~! 早速「筑水」を買ってきた。「筑水」って知らなかったけど、「幸水」より早く獲れる早生種と教えてもらった。 

【西郷どんの銅像】

所用で東京へ行った帰りに、上野公園で西郷どんの銅像を見てきた。すんごい久しぶりのご対面。こんなデカかったっけ。NHKの大河ドラマはまったく観てないので、誰が西郷どんをやっているか、どんなストーリーなのかも知らないけど。ところで、上野界隈って外国人観光客が多いね。浅草寺、アメ横というメジャー観光地もあるからね。 

【室温35℃! 異常だろう】

暑いっ!!! 関東北部は各所で35℃以上の猛暑日。帰宅すると部屋が異常に暑い。温度計をみると、36℃に近い35℃! アナログ温度計なので正確じゃないけど。それにしても、あっという間に梅雨が明けてしまって、これからが暑さの本番。相当憂鬱・・・。 

【富岡市郷土館は穴場だ】

ほとんど知られていないと思われる富岡市郷土館。妙義庁舎内なので尚更か。しかし行ってみたら、小さいながらも充実の展示。縄文・弥生・古墳時代の出土物は逸品が多い。富岡市も、もう少しPRしてみたらいかが。 

【「ぐんま古墳探訪」購入】

「ぐんま古墳探訪」(群馬県教育委員会事務局文化財保護課発行)を買ってきた。本当は別の古墳関連書を買いに行ったのだが、こちらの方が整備されている古墳を中心に写真入りで紹介されており、ド素人のオレには向いていると思った。紹介されている古墳・遺跡の多くは既に訪問済みだけど、見ているだけでも楽しい。 

【佐久発電所のサージタンク】

渋川市北橘町の真壁調整池と佐久発電所のサージタンク。その先は利根川の向こうに榛名山の裾野が拡がる。裾野は赤城山が有名だが、実は榛名山も裾野が長い。でも南側に伸びているので、高崎方面からは分かりづらいけどね。 

【優雅に泳ぐ鯉のぼりだが・・・】

こどもの日から1週間も過ぎた5月12日。鯉のぼりが優雅に泳いでいるお宅があった。昔ながらに端午の節句を旧暦でお祝いする習慣なのか? まあ、それはともかく、鯉のぼりってきれいだなぁ。 

【首飾りの古墳人】

群馬県埋蔵文化財調査センター・発掘情報館で、渋川市の金井東裏遺跡より出土した「首飾りをした古墳人」のレプリカが公開されている(4月29日まで)。成人女性のものと見られ、青い管玉とガラス玉の首飾りをした状態で見つかった。推定身長は143cmだと言う。 

【4月20日は「朝日新聞KYの日」】

平成元年(1989年)4月20日、朝日新聞夕刊1面に「サンゴ汚したKYってだれだ」という自作自演の捏造記事が載った。朝日新聞の「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」を日本人に置き換えるというクズっぷり。朝日新聞が潰れるまで、決してこの捏造を忘れてはいけない! 

【群馬県立歴史博物館 リニューアル後初訪問】

昨年のリニューアル後、初めて県立歴史博物館に行ってきた。観音山古墳の出土遺物展示で1室使うなど、オレ的には楽しい変更がなされていた。あとは、上野三碑のレプリカがあったくらいで、以前とそんなに変わらないような気がしたけど。まあ、そのうち記事にするよ。 

【桜が満開だ!】

今年は桜の開花が早いとニュースで観たが、うちの周りの桜も満開になってきた。日本人は桜の開花から散っていくまでに「はかないからこそ美しい」との感性を持っている。この味わいが「粋」なんだから、桜そっちのけで大騒ぎするのはちょっと違うと思うぞ。 

【OZアカデミー前橋大会 2018】

Zアカデミー前橋大会に行ってきた。5年連続の観戦。年に1度だが、定期的に群馬に来てくれるので、本当にうれしい。この日は季節外れの大雪。でも客席はほぼ埋まり、5試合すべて面白かった!昨年に続き良いこともあったので、そのうちブログに書くよ。

【2月22日は「竹島の日」】

2月22日は島根県が制定した「竹島の日」だ。韓国に実効支配されているが、れっきとした日本領であることは明白。日本領土であることを国民一人ひとりが強く認識することが大切である。日本政府も閣議決定や国会での議決を進めるべきだ。

【2月7日は「北方領土の日」】

2月7日は「北方領土の日」だ。択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島をソ連・ロシアが不法占拠して以来、すでに73年が経過した。この現状を日本国民一人ひとりが強く認識し、返還要求の力として行く必要がある。日本固有の領土であることを忘れてはいけない。

【ロウバイと雪】

群馬の森の奥の方にあるロウバイが咲き始めていた。周りには、まだ先日の雪がたくさん残っている。黄色い花と白い雪のコントラストがいい感じ。 

【スーパーブルーブラッドムーン】

1月31日に皆既月食が見られた。少し雲が覆っており、クリアには見えなかったのは残念だが。この日はスーパームーンとブルームーンとブラッドムーンが合わさった「スーパーブルーブラッドムーン」だという。特に「ブルームーン」は見たら幸せになれると言われている。

【本格的な大雪になった】

1月22日から降り始めた雪は、思ってた以上の大雪になった。雪が降ると定番の雪だるまを作りたくなる。寒い中、頑張ったけどこれが限界。いい歳をしてという嘲笑はご勘弁を。

【本田美奈子の歌声に感動と涙】

本田美奈子のCDを買ってきた。昨年末、YouTubeで「ジュピター」を歌っているのを観て、思いっきり感動し泣けてしまったため。うまく言えないのだが、心に「ドーン!」と響いた。詳細はブログ(まったりとスペシャル系)に書いたので見てね。本田美奈子の歌声に感動と涙

【謹賀新年】

新年あけましておめでとうございます。

みなさまにおかれましては、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。今年も「Tigerdream-NET」をよろしくお願いいたします。

【Merry Christmas】

メリークリスマス!

このHPにも2本のブログにもクリスマス感ゼロだが、世の中がそういう季節なので。

【聖徳太子16歳像】

藤岡市鬼石町の福持寺(太子堂)に祀られている聖徳太子16歳像。父皇(用明天皇)の病気平癒祈願のため、衣服の上に袈裟をかけ、柄香炉を奉持している立像。県内にも太子信仰が流行していた証。福持寺の記事は暫時お待ちを。

【紅葉も見ごろかな】

平地も紅葉が見頃になってきた。ありきたりだけど、赤色・緑色・黄色のコンストラクトが鮮やか。ところで、よく見る樹だが(名前知らない)赤くなるのを知らなかった・・・。

【さざれ石?】

前橋市粕川町月田の赤城浅間神社に「さざれ石」との案内板がついた石があった。赤城山の噴火で飛んできた花崗岩のようだ。花崗岩って一般的には風化しやすいはずなので、「巌」をになるには厳しいような気もするが。

【センサー付き手水舎】

前橋市市之関町の住吉神社。手を清めようと手水舎に近づいたら、自動的に水が出てきた。どこかにセンサーが付いていているようだ。水を出しっ放しにするより節水になるのでエコということ。これも時代の流れ?

【中秋の名月!】

10月4日は中秋の名月。安物のデジカメだけど、目一杯アップで撮った。それなりに撮れたので満足。ところで、今年の中秋の名月は満月ではない。明後日(10月6日)が満月。中秋の名月が満月でないことは、よくあることらしい。

【怖~っ! 安中市の夜泣き地蔵】

安中市松井田町の夜泣き地蔵。TVアニメ「日本昔話」でも取り上げられたお地蔵さん。写真はその足下に転がるお地蔵さんの首。ちょっと怖い光景。「上州まったり紀行」に記事をUPしたので読んでください。

【高山村・田んぼアート】

高山村が毎年行っている田んぼアート。今年はぐんまちゃんと干支の鳥(酉)が2羽。「道の駅 中山盆地」から見下ろせるのだが、いつも思うのは「もうちょっと上から見たい」。駐車場の端っこに2階建てでいいので、展望台を作ってくれないかなぁ~。

【白いアマガエル】

自宅の庭で白いアマガエルを見つけた。突然変異の貴種!? かと思って調べてみたら、アマガエルってけっこう色が変わるらしい。保護色というほどではないが、環境により変色するということ。白い物干し台にたたずんでいるうちに白くなったらしい。

【かき氷器を買ってきた】

あまりの暑さにうんざり中。少しでも涼しさを感じられ、しかも実際に涼しくなれるかき氷器を買ってきた。「電動ふわふわとろ雪かき氷器」。「ふわふわ」感のあるかき氷が作れる。この夏はかき氷三昧で過ごそう!

【雹(ひょう)が降ってきた】

雷がゴロゴロ鳴り出したなと思ったら、あっという間に雨が降り出した。雨にしては音が大きい。よく見ると雹だ。そんなに大粒ではないけど、当たれば痛そうだ。近隣で特に被害もなかったので良かった。

【豊作なでなで河童】

板倉町の妙池山実相寺に鎮座している「豊作なでなで河童」。「願いを込めてなでなでしてください」とのことなので、しっかり「なでなで」してきた。きっと願いが叶うだろう(笑)。(実相寺はそのうち紹介するよ)

【軽井沢72Gへ行ってきた】

軽井沢72ゴルフ(西コース)へ行ってきた。浅間山の雪はほとんど溶けているが、桜はまだ見ごろなところが高地であることを示している。ちょっと肌寒かったけど、楽しいゴルフだった。

【快勝だ! 阪神7-1ヤクルト】

神宮球場での阪神vsヤクルト戦を観戦してきた(5月4日)。福留、中谷、梅野のホームランを含む15安打7得点。藤浪が7回1/3を4安打1失点。藤川も最後に締めで出てきて無失点。いやぁ~、快勝、快勝! 天気も良かったし大満足!

【桜も満開までもう一歩】

やっと暖かくなってきて、桜の開花情報がTVでも報道されるようになってきた。群馬県南部もちらほら咲きだした。まだ樹によってバラツキがあるが、5分咲きの桜も。3月が寒かったので、やっと春が来たって感じ。